AUDIT
登録講習機関外部監査サービス

ドローン検定協会は、監査を行う「登録講習機関等監査実施団体」の第一号として登録講習機関等の監査業務を実施しています。

「無人航空機操縦者技能証明」の運用が令和4年12月5日に開始され、技能証明を取得するために必要な講習を行う『登録講習機関』は、毎事業年度、外部の者による監査を受けることが定められています。
監査費用は講習実施の状況に応じて、お見積りをさせていただきます。まずは下記リンクの「簡単お見積り依頼」からお気軽にご依頼ください。※セカンドオピニオンサービス(無料)のご依頼も下記お見積り依頼のフォームよりお申込みください。費用はかかりません。

監査のご依頼はコチラから

監査の内容

登録講習機関の基本的な情報、資料の管理状況や運営体制、講習内容、修了審査に係る事項まで運営の広範囲におよびます。登録講習機関として、航空局へ提出・承認された事項に則り、適切に運用されているかを厳正に判定します。

監査の流れ

1.

form

登録講習機関からドローン検定協会(監査実施団体)に監査を依頼します。

2.

bank

監査実施に向けて書類や情報等を準備し、ドローン検定協会にご提出ください。

3.

exam

ドローン検定協会が監査を実施いたします。

4.

passed

ドローン検定協会より登録講習機関へ監査報告書等をお送りします。

5.

mail

登録講習機関は国土交通省航空局へ監査報告書等をご提出ください。

監査のセカンドオピニオンサービス(無料)

ドローン検定協会以外の監査機関より受けた監査報告の結果(不適切事項等)について、疑問や納得が行かない場合などに、ドローン検定協会としての見解をお伝えするサービスです。無料にて実施いたしますので、些細な点でもお気軽にご相談ください。(セカンドオピニオンサービスご希望の場合は、無償ですが上記「簡単お見積り依頼」のフォームよりお申込みください。)