SCHOOL
学校・団体開催のご案内

ドローン検定協会株式会社が開催しております無人航空従事者試験(通称:ドローン検定)は、学校等の教育機関でとりまとめて開催頂くことができます。

団体や学校などに所属している方に限られた試験会場となるため、定員の心配がありません。 なお、ドローン検定協会株式会社では、専門学校や私立・公立高校でも多数実績もございます。詳細に関しましては、ホームページ上部の「お問合せ」よりご連絡ください。

教育機関での学内開催の背景

ドローンビジネスの市場拡大が進むにつれ、多くの企業でドローンが導入されています。
空撮をはじめ、測量・建築・農業・物流など、分野はさまざまです。それに伴い、就職やスタートアップ事業においては、ドローンの資格を重視する企業も少なくありません。
そんな中、2022年12月5日に施行された航空法改正により、無人航空機の飛行の安全を厳格に担保するための、 操縦者の技能を証明する制度(技能証明制度)が創設されました。
技能証明制度において、ドローン操縦士には、ドローンの機体や飛行条件に対する知識も求められます。
無人航空従事者試験(ドローン検定)を取得することで、技能証明制度にも必要な安全に飛ばすための正しい 知識を身につけられると共に、将来を担う学生の就職支援に貢献していきたいと考えております。

学内開催を行うメリット
  • 一般の会場に行かずに受験できる
  • 生徒をまとめて受験が出来る
  • 定員オーバーで受験ができない心配がない
  • 年6回のうち1回のみの開催も可能
  • 学校卒業までに2級以上の取得も可能
ドローン検定を取得するメリット
  • ドローンの安全な活用に必要な知識を身につけることができる
  • 技能を学びたい方へドローン教習所の基礎技能講習の座学(4時限)が免除できる
  • 無人航空機操縦者技能証明に必要な講習の受講時間が短くなる