ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:GOAL(評価:256)

Mavic mini

2022-04-22 13:28:20

Mavic miniの飛行許可申請について
現段階でがDIPSの申請はしていないと思いますが、令和4年6月20日以降は必要になるのでしょうか?

回答者:SKY BREEZE(評価:613)

2022-05-02 20:17:32

はじめまして。

MINI2のオーナーです。
昨年12月20日以降に100g以上のドローン登録が可能になり、早速機体登録しました。
初めての申請だったので個人を証明する書類の送付等で手間取ったり入力誤記等の訂正を繰り返し本年3月に何とか機体登録が完了しました。
続けてDIPS申請(DID・30mの包括申請)を実施。
こちらはスムーズに許可・承認が認可されました。
※ちなみにDIPSのHPにはMINI2は登録されておらず申請入力は全てやりました。

4月に入って、当該認可に「目視外」を追加しようと考え、とりあえず「変更」で出来るのかなと思い、「目視外」を追加する旨の理由で再申請しました。するとDIPSから
「【ご申請について】
「変更」申請では、機体の追加変更・操縦者の追加変更・飛行マニュアルの変更以外はできません。
ログイン画面「申請書の作成(複製)」を選択し今回申請されている申請書を複製し、ご申請をお願いします。
本申請はお取下げください。」と言う回答を頂きました。
勉強になりました。

続けて、DIPSの指示通り「複製」により改めて「目視外」を追加して再申請しました。
すると今度は
「"航空法の飛行許可承認の対象となる重量200gについてですが、ここでの「重量」とは、無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計を指しており、
バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まないものとしています。(最大離陸重量ではございません。)
例えば、無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計が200g未満であり、プロペラガード等装備した形態(最大離陸重量)が200g以上となった場合でも、飛行許可承認の対象にはなりませんので、ご確認の方よろしくお願いいたします。
リンク先:http://www.mlit.go.jp/common/001303820.pdf
※2022年6月20日より100~199gの機体においても飛行の許可及び承認の対象になりますが、dipsによる事前受付開始は6月上旬を見込んでおります。"」とのこと。
前回、MINI2のDID・30m包括申請は認可されていたのですが、今回の申請は補正作成で現在止った状態です。(指示通り6月上旬に再申請します。)

多分、担当者によって申請認可の処理が違うのかな?等と思いました。
(DIPSヘルプディスクへ問い合わせてはいません^^;)

長くなりまして申し訳ありませんでした。

回答者:cozy flight(評価:8097)

2022-04-29 10:41:40

「資料の一部を省略できる無人航空機」の掲載場所が分かりました。
国交省HP >
航空(飛行機のピクトサイン)>
無人航空機(ドローン)・ラジコン等)の飛行ルール >
左側のタテ帯の 手続き・申請・届の欄の
飛行許可承認申請の手続(DIPS)・実績 >
無人航空機の飛行許可承認手続 の中ほど、
『●飛行許可を受ける際の申請書類の一部を省略することができる無人航空機』(令和4年3月31日更新)>
製造者・名称(型式)・最大離陸重量・などの表が表示されます。


回答者:cozy flight(評価:8097)

2022-04-27 08:02:21

GOALさん

私も勉強中で、国交省HPを探してみましたら、無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール表示のページ(欄)?の、最下部 ⇒ 過去の掲載情報から、資料の一部を省略出来る無人航空機の追加 の欄より、資料の一部を省略出来る無人航空機 こちらのページ をクリックすると、製造者・名称(型式)・最大離陸重量・などの表が表示されます。
この表の最下部に、当該型式の無人航空機を使用して新たに国土交通省の許可・承認を申請する場合、以下の資料の提出は不要となります。とあります。
・機体及び操縦装置の設計図又は写真(多方面)
・運用限界及び飛行させる方法が記載された取り扱い説明書の写し
・追加装置を記載した資料(第三者上空の飛行を除く。)
この部分が 資料の一部を省略することが出来る無人航空機 と解釈しました。
よって、Mavic miniは記載されていないので、令和4年3月31日現在では、対象外の機体になると思います。6月20日まで期間があるので、省略できる機体に含まれるといいですね。
ちなみに、予備機でMINI 2 を購入しまして、MINI 2 も対象外の機体です。

回答者:豆柴2号(評価:10764)

2022-04-26 19:42:16

どこにも公開情報が出ていないようなので
わからないです。

DJIさん次第ですよね。。。
他の資料の一部を省略できる無人航空機と同様に
Mavic miniの機体情報は開示されていて
他社の自動操縦アプリのMavenやLitchiも使用できるくらいですし、
DJIさんが国交省にこの機体を登録してくれない理由が見当たらない
ですよね。
6/20に向けた事前申請時に
資料の一部を省略できる無人航空機になっていたら
手続きが楽なので有り難いですよね。。。

回答者:GOAL(評価:256)

2022-04-26 17:25:10

Mavic miniは「資料の一部を省略できる無人航空機」になりますでしょうか?
省略できる機体だと、かなり申請が楽なのですが…

回答者:cozy flight(評価:8097)

2022-04-24 18:37:41

YouTubeの『ドローン教えてセミナー』の方は、
我が ドローン教習所(ドローン検定)の教官(指導員)の方です。
とてもわかりやすいです。

回答者:豆柴2号(評価:10764)

2022-04-24 17:54:36

R4.3.25に、
国交省のTwitterで、
6/20以降に100g〜199gの機体においても
許可・承認書発行手続きが行われるので
事前申請受付開始日は今後お知らせしますという旨の
資料が添付されていました。

YouTubeの『ドローン教えてセミナー』は、
とってもわかりやすい動画だと思います。

回答者:cozy flight(評価:8097)

2022-04-22 14:51:36

GOALさん

You Tube の『ドローン教えてセミナー』の方で、
詳しく、わかりやすく説明されています。
メンバーの皆さんも、ご覧ください。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。