ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:masufumi(評価:824)

二等無人航空機資格取得後の飛行許可(更新)について

2023-11-09 15:42:14

ドローン飛行許可・承認手続(更新)について

二等無人航空機操縦士の資格を取得することで、飛行の種類によっては①「個別審査が簡略化される」または②「個別審査自体が省略される」とあります。

②の個別審査自体が省略される飛行の種類として
・人や物件の距離が30m以内の飛行
・夜間の飛行
・目視外の飛行
・人口集中地区上空の飛行

いずれの飛行についても「機体が認証を受けている」「立ち入り管理措置を講じている」「安全確保措置を講じている」という条件を満たす必要があります。

とありますが、2023年現在(大型機1機のみ)型式認証、機体認証制度自体がまだまだ機能しておらず、(DJI・その他同種機体は特に)二等無人航空機操縦士の資格を取得したとしても、②の審査は省略できないのではないかと思われます。
結局、今まで通りの申請をしなければならないのでは?

お判りになる方、コメントよろしくお願い致します。

回答者:masufumi(評価:824)

2023-11-10 14:49:29

ha12k 様

ご回答ありがとうございます。
DJIの型式認証取得は皆さん同感だと思います。
令和7年12月には、民間の技能認証の効力がなくなる訳ですね。(高額はたいて取得したもの)
目視内飛行の限定解除が出来るのであれば先ずは良し。なのですが・・・
国家資格を持てるだけ今は良し。ですかね。
明るいドローン情報を期待しながら、国の動きを注視します。

回答者:ha12k(評価:3703)

2023-11-10 10:02:07

masufumi 様

現状、型式認証を受けた機体が増えてこない限りはmasufumi様の
認識で正しいと思います。技能証明を取得した私も今まで通り
申請をしています。

話が少し変わってしまいますが、現段階での無人航空機操縦士の
技能証明を取るメリットとしては、資格としての信用性・安心感が
高いことからビジネス方面では有利かと思います。
また、国土交通省のHPには「民間の技能認証を用いて飛行許可を
受ける際の申請書類の一部を省略する運用は令和7年12月に終了
します」との記載があります。
今後の申請のために技能証明を取得しておくとスムーズでしょうか。

DJIが型式認証を取得してくれたらユーザーとしてはかなり助かる
のですが…。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。