ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:H.suzuki(評価:1246)

夏季のバッテリー保管について

2017-06-05 19:23:56

皆様、夏季のバッテリー保管はどうされていますか?
衝撃や気温によって発火の恐れがあると聞いてから、保管方法が気になって!!

発泡スチロールで保管しようか、ヤフオクでジュラルミンケース購入しようか悩み中…

回答者:魔王の日本征服(評価:1499)

2017-12-04 17:52:29

勉強なりました!ありがとうございます

回答者:H.suzuki(評価:1246)

2017-06-07 18:43:24

ホバカメ さま
回答ありがとうございます。
耐火は知識にあったんですが、防火バックは知識になかったので助かりました。

イシグロ?のクーラーボックスあるんですが、防火の知識がない為
真空面あるとはいえ、燃えたら溶けるよな!?コールマンのスチールベルトクーラー
買おうか悩んでいたところだったので、ありがたい情報です。

回答者:ホバカメ(評価:5620)

2017-06-07 14:36:22

こんにちは。

思い付きで実行しているわけではありませんが、夏の車中熱対策として、クーラーボックスの中に防火バックに入れたバッテリーを保管するのはいかかでしょうか。

以前、フィルムカメラの時代に、フィルムの車中熱対策として、クーラーボックスを使っていました。フィルムは、普段は冷蔵庫で保管していましたが、特に夏は持ち出すと熱対策が必要となり車中ではクーラーボックスに保管していました。

なお、現在トイドローンですが、書き込みをみてバッテリーの発火が怖くなり、100均でお皿買ってきて、皿の上で充電しています。

回答者:H.suzuki(評価:1246)

2017-06-06 22:31:52

にほんみつばちさま
回答ありがとうございます。
自分はMavic Proを使っています
プラケース、アイディア頂きます!参考になりました。

回答者:H.suzuki(評価:1246)

2017-06-06 22:24:09

Sky High!さま
回答ありがとうございます。
土鍋とは思いつきませんでした(笑)
猫鍋以外にも使い方があったとは!

回答者:Sky High!(評価:15386)

2017-06-06 00:07:41

こんばんは。 今年の夏も暑そうですね。
LiPoの発火が原因で車を全焼させた知人がおります。
なので車には積んだままにしないよう、フライトエリアに到着すると、木の下や車の陰、イスの陰など、まず最初にバッテリーの置き場所を確保しています。
以来、クラブ員で知恵を出し合った結果、現在のところ強者と思われる保管容器が「土鍋」
発火に強く、液体が流れ出ても酸でもアルカリでも防ぎます。
当然のように欠点は携行に向かないことですが、私は目を離す間の充電は土鍋(100均)の中で行っていますよ。(^.^)

回答者:にほんみつばち(評価:4293)

2017-06-05 22:27:11

H.suzukiさんこんばんは。自分は以前トイドローンのバッテリーの電圧をテスターで計測する際に細いテスターの先端を細いバッテリー接続の作業中ショートさせてしまい煙が出ました。バッテリー接続部は+と-がむき出しなので金属の接触で発火の可能性は高いのでLIPO GUARDでの保管が良いと思います。自分は実機用(ファントム)は専用のLIPO GUARDでトイドローン用のバッテリーはプラケースの個々に仕分けされいるものを利用して、これをLIPO GUARDで保管しています。また、充電するときも出来るだけGUARDの中でしたり、外出時は避けています。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。