ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:Sky High!(評価:16020)

6月24日 人口集中地区(DID)改正

2017-06-24 22:27:33

本日をもってDID地区の基準エリアが平成22年版から平成27年版の適用に変更されましたね。
皆様の周囲ではいかがでしょうか?

私の飛行エリアでは隣接した建物が取り壊され、DIDではなくなった というレアなケースですが、多くの場所ではそのエリア広がってしまったのではないでしょうか?
これまで許可申請なしで飛行できた場所も今回の改正で新たにDID地区に指定された場合もあるので、今一度「平成27年版」のエリアをご確認ください。

回答者:OkatamaK(評価:174)

2018-01-11 08:36:48

私も地理院地図を利用しています。私の市では、27年版になって、DID対象エリアが小さくなったところがあります。地方都市は人口が減少傾向にあり、こういう結果になっているものと思います。
なお、DID対象エリアが不自然に山域地帯まで食い込んでいるところがあります。これについて総務省に聞いたところ、行政上の区分け単位で人口密度を出しているため避けられない、国交省がどう使おうと感知しない、という回答でした。一方、国交省は総務省のDIDをもとに禁止エリアを設定しているため、この実情を話し、DIDでも山域は飛行禁止対象から外すよう交渉しましたが、頑として応じてくれませんでした。
27年版では、山域を含むDIDのが対象外になったところもありますが、まだ町サイドの人口が多いためか山域を含むDIDが残っているところもあります。
今回また飛行の許可承認申請を出しますが、このようなDIDがまだあるために、DIDを含めて申請することにしています。

回答者:#832(評価:12213)

2017-06-25 20:01:02

私はjSTAT MAPよりも地理院地図の方が使い慣れているので地理院地図で確認しています。
地理院地図ではH22年とH27年を重ねて表示することもできますが、丸ごと対象外となった地域もありますね。
http://maps.gsi.go.jp/?z=5&ll=#9/35.656180/139.660950/&base=std&ls=std%7Cdid2010%7Cdid2015%7Ckokuarea&blend=00&disp=1111&lcd=did2015&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。