ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:キラカツヤ(評価:394)

2級

2017-08-15 14:45:08

17問の計算は
2㎏+3㎏=5㎏
10N÷5㎏=2㎞/s2
物体B3㎏×2㎞/s2=6N
で合っていますでしょうか?
もしそうなら、どういった理由でこの形になるでしょうか

回答者:フライエイト(評価:5823)

2017-10-05 08:46:59

そのとおりです。
答えは②の6N
計算式も合ってます。

物体Aと物体Bを合わせて動かし続ける力が10Nで
物体Aと物体Bの総重量が2kg + 3kg = 5kg

今回の問題では人が物体Aを押すことによって物体Bに力が伝わってますが
物体Aを主体として考えれば、
ニュートンの法則にある第3法則「作用反作用の法則」で物体AとBは反発しあうこととなります。

つまり、動かす力10Nを物体AとBで分け合う形となるわけですが、
分け合う比率は、
物体Aが10N÷5㎏=2㎞/s2
物体A 2㎏×2㎞/s2=4N
物体Bが 3㎏×2㎞/s2=6N
となります。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。