ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:M.S.(評価:2391)

ドローンの運搬方法などについて

2016-06-16 00:48:58

1.航空機での持ち運び、宅配便での運搬、海外へのドローンを持った渡航、海外での日本のドローン運用事例など遠方でのドローン活用に関するカテゴリが欲しいです。

2.空撮画像の活用方法に関するカテゴリが欲しいです。防災、測量など。

回答者:tmnw(評価:1049)

2018-01-29 19:23:26

業者は、本体を大きいファイバボックスとウレタンフォームで保護する梱包を自作していましたね。
結束バンドはPPバンドがイニシャルコストも抑えられますが、手を切らないよう注意が必要かと思います。

回答者:魔王の日本征服(評価:1444)

2017-12-04 17:51:04

勉強なりました。ありがとうございます

回答者:としぞう(評価:4551)

2017-12-02 04:42:04

私はスキューバダイビングで海外の南の島に行くことがありますので、2018年以降はドローンを「旅のお供」にしたいと考えています。

なので、海外フライトの場合の制限や失敗例などがあると嬉しいですね。

ちなみに、過去の経験としては、水中撮影機材用のリチウムイオンバッテリーは、全て「機内持ち込み」でした。

回答者:ドローン検定協会(評価:7199)

2016-06-17 17:22:59

M.S.様
ドローン検定協会事務局です。
カテゴリ追加のご意見ありがとうございました。
現在追加に向けて協議中でございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

回答者:ドローンドクター山田(評価:12403)

2016-06-17 13:46:00

お世話様でございます。大変申し訳ありませんでした。一番大事なバッテリーの
運搬方法が書いてませんでしたね・・・。海外への運搬方法ですが、私の取引先は
荷物が多い場合は大半がDHLで発送していますね。バッテリーは機体と別の
アルミケースに入れ念のため防爆バックに入れてますね。航空機会社によって
違いがあるようで、1個のバッテリー容量制限がある場合もあるそうです。
荷物が少ない場合は普通に預けてしまうそうです。自己申告は必要だと
思いますが・・・。大半がロケのカメラ機材と一緒に送ってしまうようで
特別ドローンだけ別に運搬はしていないようです。やはり航空機会社に直接
問合せするのがいちばんですね。
 
 余談ですが、某テレビ局の自然番組でジャングルの上空をフライトして
いたドローンが墜落してしまいカメラを壊してしまいました。衛星電話で
連絡が入り、大至急カメラを送って欲しいとうことでDHLで手配しました。
しかし、現地に配達する手段が飛行機しかない場所でおまけに飛行場から
離れている場所ということで、なんと荷物に小さなパラシュートを付けて
セスナから現場に投下したそうです。以前にテレビCMでやっていた
DHLのCMそのままのをやってくれたそうです。

 やはり色々な情報が欲しいですね。海外への運搬は情報が少ないですよね。
このようなサイトで情報交換できると助かりますね。

回答者:M.S.(評価:2391)

2016-06-17 09:56:47

ご回答大変ありがとうございます.
私はメーカー純正ケースは重いので別のケースに入れています.バッテリーの取り扱いについては空港や航空会社により違いがあるようですが,例えば韓国のセキュリティではノーチェックでした(バッテリ容量の確認もなく).他方,日本は国内線も国際線もセキュリティチェックでバッテリ容量の確認がありました(当然と言えば当然です).さらにJALですが聞くだけ聞いてみたところ,羽田空港では本体預け入れ不可で,熊本空港では可と言われました(最終的には機内持ち込みしましたが).ゆうぱっくは品名に「ドローン(バッテリなし)」と書けば受け付けてくれるようです.これも一応送らずに手で持って帰りました.しっかり梱包しておけば預け入れやゆうぱっく等の活用もアリかもしれません.仕事でロシアに持っていこうとしていますが,アエロフロートの回答待ちをしています.皆さんのご経験が集積するとお互いに大変良い参考になると思います.


上記のようなやりとりをするカテゴリが欲しいです.

回答者:ドローンドクター山田(評価:12403)

2016-06-16 06:49:54

おはようございます。初めましてです。
私自身は海外での撮影経験はありませんが
撮影関係会社様の機体を修理してますが
ほとんどの会社様がメーカー純正のハード
ケースですね。Phantomならアルミケース、
インスパイアなら黒のプラケース、大型機
ならアルミケース。必要以上に大きくなる
ので料金が高くなってしまうそうです。
あとはドローンに対しての法律が国よって
違うので手続きが面倒のようです。

防災ならばたくさんの空撮依頼があります。
GPSが捕捉できる現場はたくさんの空撮会社が
群がります。逆にGPSが捕捉できない現場は
どの空撮会社も断ります。このような現場なら
ジャンル問わず仕事がありますね。

このような感じですが回答内容合ってます
でしょうか?今後ともよろしくお願いします。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。