ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:nato55(評価:616)

Telloの飛行履歴について

2018-11-07 12:28:04

怒られそうな気がしますが、教えてください。
telloでの飛行は、飛行履歴として認められるものなのでしょうか?
ご存知の方、お教えください。

回答者:nato55(評価:616)

2018-12-28 12:25:34

Cordreelさん。
貴重な情報提供ありがとうございます。
経験のある方の情報は本当に助かります。
これからもよろしくお願いします。

回答者:Cordreel(評価:4582)

2018-12-13 20:30:33

現在、Phantom3 StandardとSparkで目視外の包括申請をしています。

操縦者の登録の際、基礎技能講習の修了証を添付すれば特段飛行時間の入力は必要無かったのですが、応用技能講習の範囲の許可申請場合は、該当する航空機の該当する飛行時間を終了所の添付とは別に手入力する必要があり私はそれを漏らしました。

その修正をするように補正指示発行通知が届いたのですが、修正指示内容の文末に「※飛行経験は、屋内での飛行訓練や200g未満の機体での飛行訓練も含まれます。」と明記されていました。

Telloでの屋内飛行も飛行経験として認められるということですね(もっとも私の場合、カメラ固定のTelloでは目視外操作は成り立たなかったので当該飛行経験には含んでいません)。

回答者: エイジひな(評価:6371)

2018-11-26 18:01:36

無人航空機の飛行許可・申請をする飛行実績は、申請する無人飛行機の種類別の飛行時間が10時間以上となっていますので、無人航空機の飛行実績となりますので、注意が必要と考えられます。飛行実績の内容を問われる事なく、自己責任において申告をするので、安全に飛ばす
には何時間必要かは個人で判断するしかないのかな、と思います。ただ10時間飛ばすには、1回5分で120回飛ばすこととなります。それだけ飛ばせばいろいろな障害に遭遇して対応力も付き安全な飛行が出来ると思います。

回答者:Cordreel(評価:4582)

2018-11-14 13:30:00

私もPhantom3を所有していますが、DID在住で日中は勤務もあり、夜間、室内でTelloを飛ばしています。

操縦は全てRyze Technology GameSir T1d Controller を使用、送信機の操幹感覚に慣れる事を目的として斜め移動や円形移動を主に練習しています。

目安として自分で飛行ログを残していましたので、こちらの記事を拝見してそちらの記録もログ管理に登録しました。

いざとなれば削除も出来るようなので、当方と同じような環境におられる方は取り敢えず登録されてみては如何でしょうか。

回答者:nato55(評価:616)

2018-11-09 16:41:35

マラソンマンさんの夜間飛行のお話もとても大事ですね。
ご存知の方は少ないのではないでしょうか。
私も経験を積みましたら真似させて頂きます。

本当にありがとうございます。

回答者:マラソンマン(評価:3789)

2018-11-08 16:42:02

夜間飛行の承認を受けるためには「以前に夜間飛行の経験があること」が求められています。
しかし「経験がないから夜間の許可取得ができない」が「夜間許可がないから、経験がない」
というジレンマが発生します。
ドローン初心者はどうやって夜間飛行の練習をすればいいのでしょうか?

DJIインストラクターの桑水氏はこういっています
承認を受けるには夜間飛行の経験が必要になりますが、申請の際の飛行経験時間には
ホビードローンの操作時間も含まれます。
ホビードローンは「改正航空法適用外」ですが、飛行経験の申請時間には、
「ドローン飛行経験として加算可能である」ことには注意が必要である。

私はこれを読んですぐにテロを購入しました。

回答者:nato55(評価:616)

2018-11-08 09:58:06

皆様、大変参考になるお話ありがとうございます。
当方、Mavic Proと同platinamも所有していますが、人口密集地からの脱出がなかなか困難です。
そのため室内で練習可能なtello購入にいたりました。
同様の方々も回答くださった内容はとても有益だったと思います。

早速当サイトの飛行履歴管理に入力したいと思います。

親切な方がおられて、ここは本当に良いところですね。

この度は本当にありがとうございました。

回答者:ATI_team(評価:3899)

2018-11-08 00:55:42

当方よりコメント致します。
実際に申請した時はトイドローンの飛行訓練も時間に参入し合計時間にて申請致しました。時間の詳細を問われる事も無く無事通りましたので、これは良いこれはダメといろいろとあろうかと思いますが実際の所は分かりかねます。

個人的見解ですので、参考になるのかな?

回答者:Sky High!(評価:16040)

2018-11-07 21:34:16

そういえばそうですよね。
スティック操作の機種であっても、機械任せのホバリング合計10時間でOKとなる現状です。
この場合、トイドローンで頑張られた方が操縦は身に付いていると思います。
要は、時間数だけで操縦技術を推し量ることに無理があって、「何ができる」という点を問うていないことから発生する矛盾ですね。
まあ、文章の粗探しをするより、安全サイドに捉えて、「どうあるべきか」の判断も操縦士には求められると思います。

回答者:安芸の國のはち(評価:31666)

2018-11-07 21:09:16

大小問わずドローンの飛行操縦経験がないよりはマシなので、駄目元で申請似てしまうのも有りです。
ただしほぼ確実にトイドローンだけでは指摘されます。
スマホなどのタッチパネルでの操縦操作は無効として扱われるところがポイントです。
なのでプロポの様なスティックコントローラーでの飛行を証明できれば、担当者によっては飛行時間の足しとして認めてもらえる場合もあるようです。

回答者:通りモン(評価:6059)

2018-11-07 19:50:35

確かに判断に迷います。

私は、そもそも200g未満のトイドローンは航空法でいう無人航空機に該当しないので認めれれないのではないかと解釈していましたが、そうでもなさそうです。
このコミュニティの許可承認申請でも以前「10時間の飛行履歴」で議論されましたが、解釈が分かれ解決には至っていないようです。

最終的には、飛行経歴の使用用途に合わせて国交省のヘルプデスクに確認した方が良さそうです。
ただし、担当者でも回答が分かれる可能性もあるので、担当者の名前も併せてご確認される事をお勧めします。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。