ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:ドドドロ(評価:4159)

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

2019-11-21 02:14:43

https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/exp-sp/index.htm#law
無線設備が法第四条の二第二項の法第三章に定める技術基準に相当する技術基準として総務大臣が指定する技術基準に適合する事実の確認方法(令和元年総務省告示第265号)
無線設備が相当技術基準(法第四条の二第二項の法第三章に定める技術基準に相当する技術基準として総務大臣が指定する技術基準をいう。以下同じ。)に適合する事実の確認方法は、次のいずれかの措置とする。ただし、確認を行う相当技術基準が法第三章に定める技術基準である場合においては、二の措置に限る。
一 無線設備が、相当技術基準に適合している旨及び当該相当技術基準に準拠した外国の法令に適合することについて当該外国の法令により確認されている旨を、当該無線設備(取扱説明書及び包装又は容器を含む。)の表示により確認すること
二 無線設備が、相当技術基準及び法第三章に定める技術基準に適合している旨をイに掲げる資格を有する無線従事者が確認し、無線局免許手続規則第三十一条の届出書にロに掲げる事項を記載すること
イ 第一級総合無線通信士、第二級総合無線通信士、第三級総合無線通信士、第一級海上無線通信士、第二級海上無線通信士、第四級海上無線通信士、航空無線通信士、第一級陸上無線技術士、第二級陸上無線技術士、第一級陸上特殊無線技士又は第一級アマチュア無線技士
ロ 次の各号に掲げる事項
⑴ 当該無線従事者の氏名
⑵ 当該無線従事者の免許証の番号
⑶ 確認した法第三章に定める技術基準の別
⑷ 当該無線設備の工事設計

そろそろ総務省もドローンに必要な資格をアマチュア四級、陸特三級からハードルを上げてきましたね

回答者:ドドドロ(評価:4159)

2019-11-21 12:45:14

EMMET 様

迅速な回答をありがとうございます。
現状では規制緩和、将来的には規制強化でしょうか。
技適の基準によるんですかね。
確かにNTTとかKDDIのキャリア系が特例法で
限定的なIOT調査目的で飛ばしていましたね。
mavicが発売されてGogglesReが発売されても技適がないから
使えなくてOcuSync2.0の使用を控えた覚えがあるので
今後も最新ドローンの技適はOKだけどオプション機器は技適ないから
使用には有資格者が申請してね、と言われるとスペックを最大限に
使えない気がしていました。

回答者:EMMET(評価:6916)

2019-11-21 10:41:18

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1172007.html
本件は、どちらかといえば規制緩和案件でしょう。
そもそも技適を取っていない端末は、技適を取得してからでなければ、テストとはいえ国内での使用が認められていなかったものが、一定の条件を満たせば規定の期間内https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1172007.html技適がなくとも国内での使用を認めるというもです。
アマ4、陸特3は対象ではないですが、そこは資格の認定基準なので、なんとも。逆にこれが進んで、用途によっては技適があるものは免許無しで利用可となれば、嬉しいですけど。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。