ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:m abe(評価:621)

第30回度ドローン検定2級の問題について

2020-07-27 21:22:36

 問41番の正答は、1番なのでしょうか。私は1と4で迷ったのですが。わたしは、1番で解答しましたが。

回答者:りゅうたろ(評価:498)

2020-08-06 15:31:35

恥ずかしながら、文系で、もともと理系科目に弱いので、3級・2級と、テキストがボロボロになるほど読み込みました。ネットで公開されている練習問題や理系科目は、某受験塾のネット講座(無料)なども活用して、なんとか2級検定にも合格できました。
8月3日に、9月実施予定の1級検定に申し込み、目下、受験勉強中です。
2級検定は、コロナで、5月の検定が流れたので、ゆとりをもって勉強できたと思います。
1級試験まで、あと40数日しかありませんが、猛暑にめげずに、集中して勉強して参りたいと考えております!

回答者:osamu(評価:163)

2020-08-05 18:56:41

ようやく試験結果照会票が届きつつあるようですね。
私は無事合格しました。
次は1級目指してがんばろうと思います。

1級は3級、2級の復習+新しい分野の対策がしっかりとできれば合格できそうな気がします。
過去の1級出題内容を見ましたが2級対策が出来ていれば合格はそれほど難しくなさそうな気がしています。

回答者:りゅうたろ(評価:498)

2020-08-01 08:49:58

今朝(8月1日)、正答が公開され、正解していましたね!
よかったです!!!

回答者:osamu(評価:163)

2020-07-30 16:58:43

私も(1)が正解だと思います。
(2)(3)は正しいですし、(4)も正しいので消去法で考えても正解は(1)になると思います。

回答者:Johnson(評価:2881)

2020-07-29 11:08:02

国土交通省航空局が認定しているいずれかの認定団体等が実施する技能講習を受講しなければならない
というのが正しいかどうか?というなら間違いです。
これは上級テキストの問137の応用問題です。
1級の試験に出る可能性もあります。
第26回2級と第27回1級にも出題されましたよ。

回答者:りゅうたろ(評価:498)

2020-07-28 16:10:44

免許制度の導入は「2022年ころ」の誤りでした。
失礼しました。

回答者:りゅうたろ(評価:498)

2020-07-28 10:21:16

わたしも、1で回答しました。
根拠は、「上級テキスト」の133頁の「航空局ホームページ」で掲載された講習団体による技能講習を受講することが許可及び承認申請の条件ではない」という説明です。
また、選択肢2の免許制度については、令和2年2月28日の閣議決定で、無人航空機の登録制度の創設が示されましたが、導入は、2020年ころのようですから、現時点では免許制度は存在しないこととなります。
3は、問題文のとおりで、航空法による許可・承認を取得していても、小型無人機飛行禁止法は適用されるので、両法は関係ないといえます。
4は、許可・承認申請の際には、様式3で無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書の提出が求められていますし、審査容量の2-2-1の(6)で詳しく記述されており、問題文のとおりです。
以上、自信はありませんが、ご参考まで・・・


無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。