ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:ふくぶくろ(評価:6713)

FISSへの登録を免除は可能か?

2020-10-31 20:46:44

夜間イベントの上空を200g以上の重量と思われる機体が複数飛んでいるのを見ました。その場でFISSを確認したところ、登録されてませんでした。交通規制などが行われるほどのイベントでしたので、各方面に申請や許可を取っていると思いますが、FISSへの登録も免除させる申請も出来るのでしょうか?

回答者:ふくぶくろ(評価:6713)

2020-11-03 19:07:02

りゅうたろ 様
安全運用が大事ですよね。
今回思ったんですが、どんなに許可承認や申請がなされていても、はたからみている我々は、その飛行が合法な物なのかなんなのかわからないことですね。せめてFISSを見て登録されていれば、「それなりに手続きが取られているんだろうな」と思えるのですが、登録されてないと不信感を覚えてしまいます。FISSへの登録は、義務であっても罰則が無い?のが軽んじられる原因かもしれませんね。

回答者:りゅうたろ(評価:2973)

2020-11-02 22:03:35

ふくぶくろさん、こんばんは!
YOU TUBEの動画、拝見しました。
圧巻の動画ですね。撮影されたみなさんの技量もすごいと思います。
ですが、反面、あやうさも感じました。
わたしも、思うようにドローンを飛ばせるようになればよいなとは思いますが、今は、なかなかそうもゆきませんですね・・・。
これから、ドローンの有用性や認知度を高めるためにも、業務の方も趣味の方も、やはり、一定のルールは守っていただきたいものだと思いました。
わたしは、ドローンで地域の防犯・防災パトロールを行っております。
飛行については、国交省と地元自治体の許可・承認は得ており法的にはなんら問題なしと思いつつも、たまに、近くを通りかかる方の不審な目線を感じますと、世間一般のみなさんの評価は、まだまだ「ドローンは危ない」ということなんだなぁと感じられ、残念な思いもいたしております。
ドローンが、日常のツールとしてみなさんに受け入れられ、上空を飛び交える日が、早く到来するとよいですね・・・。

回答者:ふくぶくろ(評価:6713)

2020-11-02 15:43:30

ウェーブハンター 様
コメントありがとうございます。
詳しくお調べいただいて、大変ありがとうございます。
逆にいえば、やっぱりFISSの登録の必要だったような気がしてきますね(汗

回答者:ウェーブハンター(評価:7548)

2020-11-02 15:07:52

youtubeの動画観ました。
表題からは、はずれますが、詳細欄には、JAPRADERと言うレースチームによる撮影の様で
撮影機材は、レース機かフリースタイル機、DJIデジタル伝送システム5インチ以上600g以上の物での飛行撮影だったのではないかと思います。夜間目視外は、全国包括申請の上、個別申請で許可は下りる様です。

回答者:ふくぶくろ(評価:6713)

2020-11-02 13:28:24

200g未満でなければ、夜間のFPV飛行は、不可能ですもんね
しかし動画見てると思うんですが、そのうち規制が掛かりそうですね

回答者:ふくぶくろ(評価:6713)

2020-11-02 13:09:35

りゅうたろ様
コメントありがとうございます。
正直、花火の周りや中にドローンが飛んでるんでそっちが気になってしょうがなかったです(笑
それでFISSみても一向に表示されないんで、特別な手続きでもやってたのかな~と思いまして投稿いたしました。
それで今アップされている動画を見るともしかしたら200g未満かもしれませんね
https://www.youtube.com/watch?v=f3VCWO4ZS-o

回答者:りゅうたろ(評価:2973)

2020-11-02 12:26:17

ふくぶくろさん、はじめまして。
現時点では、飛行について許可・承認が必要な場合は、飛行前のFISS(飛行情報共有システム)への飛行予定の入力が必須とされています(令和2年9月10日改正・施行の現行審査要領4-3-1の(2))。FISSへの入力につては、令和元年7月24日施行の審査要領で義務化され、この日よりも前に取得した飛行許可・承認については、適用外とされていましたが、最長1年の包括許可・承認の場合であっても令和2年7月24日以降は、新基準(FISSの確認・入力)が適用されますので、現時点では、FISSへの入力不要とする飛行許可・承認申請は、原則として認められないと思います。
実際の申請の際には、飛行マニュアルに、安全体制の確保の一項目として盛り込むことが求められます。例外として、公益上、飛行予定を秘匿する特段の必要がある場合には入力しない扱いが認められるようですが、そういったケースは通常の申請では考えにくいと思います。
お話のような飛行が、令和2年7月24日より前の飛行であれば、FISS入力適用外ということもあり得ますが、最近のことでありましたら、問題のある飛行であったかも知れませんですね・・・。
FISSは、無人航空機同士の近接事故などを防止するのに有用な情報サービスですから、飛行許可・承認にかかわる機体はもちろんですが、重量200グラム未満の機体を飛行させる場合にも、できる限り情報を入力していただくことが望まれますね・・・。
ご参考まで・・・。

回答者:ふくぶくろ(評価:6713)

2020-11-02 12:19:48

追記
花火大会主催者により、花火の映像をライブ配信を行う企画のようでした。
ちなみにFISSのヘルプデスクに電話にて、このようなイベントが理由で登録
を免除されることは無いとのことでした。
テレビ番組のロケで、FISSに登録すると無関係の人が集まってしまうという理由の場合はあり得るみたいですが、そもそも前もって大々的に花火大会告知を行って観客を集めて行った今回イベントに関しては、単に登録を行わないまま飛行させたようです。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。