ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:kan.man.965(評価:538)

上級テキストに関するお問合せ(物理学)

2021-07-23 10:24:42

水平面に置かれた2㌔のA物体と3㌔のB物体に対して、物体Aを10Nで押した時、物体Aが物体Bを押す力が6Nとなる計算式を、ご教授頂ければ幸いです。

回答者:アホウドリ(評価:488)

2021-07-29 12:10:32

運動方程式について補足です。
質量 m [kg] の物体に、力F [N] が加わると、力の向きに加速度a [m/s2] が生じるという法則です。これを式で表すと、
 F = ma となります。

つまり、
質量 m=1[kg] の物体に a=1[m/s2]  の加速度を生じさせる力が 
F=1[N]  となります。

設問に、10Nで合計5kgのモノを押した とあるので
a=10/5=2[m/s2] の加速度が生じています。

この加速度を、3kgのモノに適用すれば、3*2=6N となり
AはBを、6Nで押せば良い事になります。

参考になりますでしょうか

回答者:☆よっち☆(評価:1150)

2021-07-24 06:00:32

運動方程式 F=maから

10N=(2㌔+3㌔)a
10N=5a
a=2

N=3㌔×2
N=6

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。