ドローン検定
ドローン検定受験申込

ドローン知恵袋(Q&Aコミュニティ)

質問者:ryoya(評価:144)

今後の国家資格化に向けて

2021-09-29 01:25:35

今後の国家資格化に向けてドローンスクールに通うのと、ドローン検定取得、技能検定取得であれば皆さんはどちらを選びますか?
金銭面、二等、一等資格についての一部免除又は全免除等色々あるかと思いますが皆様の意見をお聞かせください。

回答者:りゅうたろ(評価:26832)

2021-09-29 20:50:00

前にも述べましたように、改正航空法施行後は、DID地区で、補助者なしで目視外飛行を行いたいと考えております。
そのためには、改正航空法の1等無人航空機操縦士免許が必要なので、できることから受験勉強をいたしております。

もう一点、飛ばす機体が、国の「機体認証」を取得しなければなりませんが、現有のDJIのMavic2シリーズや発売後取得したいと考えているMavic3シリーズが認証されるのか否かが、現時点での(心配しすぎかもしれませんが)懸念材料です。

改正航空法は、機体の安全性能と操縦者の技量とをより厳しく審査するとともに、(航空法に限っていえば)航空機の航行の安全と地上および水上の人と物件に危険を及ぼすおそれがないとき・ところでは、自由に無人航空機の飛行を認めるという二面性をもっていると思います。

空中散歩や地上では困難な高空撮影を楽しまれるみなさん、事業として人手では危険を伴う撮影を必要とするみなさん、人手不足の中で貨物などの配送の省力化を必要とするみなさんなどなど、ドローンが人々の暮らしや経済活動、暮らしの安全・安心に貢献できることを信じております・・・。



回答者:BOAR SOUND(評価:11063)

2021-09-29 20:21:18

他の方々のおっしゃる通り、自主練でも全然問題ないです。比較的簡単に飛ばせるところが近くにあるのであれば、それが一番安上がりだし、練習になると思います。ドローンスクールでは基礎は学べますが、実践的な部分は別途練習しないといけません。
ドローンスクールではドローンの操縦技術向上を目的に練習しますが、実践では(例えば空撮だと)撮影技術や絵心と育んでいかないといけません。

回答者:江戸川波平(評価:6924)

2021-09-29 19:41:12

はじめましてです。

約10キロくらいの産業ドローンを飛ばしている者です。

空撮にしろ測量にしろ 農薬散布にしろ実際に飛ばせて対価をいただくことになるので

技能検定をベースにして
現段階でできるだけ多くの許可申請を行ったほうがいいと思います

実際に飛ばすのが下手だとお客に呆れられます。

国家試験は内容が確定後でいいじゃないかと思っています。

技能検定ベースの飛行時間を増やすことを提案します。
djiキャンプのテキストを買って 実技試験項目をこっそり練習もいいですね。
操縦に幅ができるメリットがあります。

おじじのヤジと思って無礼があればご容赦くださいませ

回答者:りゅうたろ(評価:26832)

2021-09-29 14:49:43

現時点で国土交通省の許可・承認を得ている用務(DID地区上空を含む防犯パトロール:補助者配置)を継続するために、なんとか一等無人航空機操縦士の試験に合格したいと考えております。

ドローンスクールは、近場にそういった施設がないことと、受講料も安くはないので、なんとか自主学習(実技を含む。)で頑張りたいと思っております。

試験科目も明らかでないので、試験対策や学習目標の設定が難しいのですが、審査要領などをヒントに、
●改正航空法ほか主要な法令関係
●気象に関すること
●安全体制やリスク・マネジメントに関すること
のほかに、検定協会の1級テキスト、標準・上級テキストを復習するなどして準備しております。

はてさて、いかがなりますことやら・・・?

回答者:BOAR SOUND(評価:11063)

2021-09-29 08:40:24

私なら、操縦技能向上のためにドローンスクールに行くでしょうか。免許を取得するしないに関わらず、操縦技能の高いに越したことはないからです。

技能検定については、急ぎ民間資格が必要でなければ、免許制度の内容が明らかになるまでは待っても良いのではないでしょうか?ドローンスクールに通った結果として、民間資格がもらえることが多いとは思います。

一等は本当にごく一部の方が受験することになるのでしょう。基本的には二等の取得を目指すことになると思います。今のうちに民間資格を取っておいたほうが有利という意見もありますが、現時点では何も分かりません。詳細が出てくるのはもうすぐだと思いますし、それから民間資格を取得しても間に合うと思います。

無人航空従事者試験(ドローン検定)受験者のみ回答できます。

ビジター
※ドローン検定を受験されたことがある方は、メンバーサイトにログインすることで、質問&回答の投稿ができるようになります。